お問い合わせ

動物人工呼吸システム KVS-2100

HCV(量規定)、PCV(圧規定)、HFV(高頻度)により呼吸管理をやさしくサポートします。
“AIR MIX”ECO機能により、従来品に比べ酸素消費量を70%以上も低減できます!

特徴

  • 多様性のある換気パターン・換気モード&使える多彩な機能搭載!
    換気パターンVCV(量規定)、PCV(圧規定)の2つから、換気モードはSIMV/自発、調節/補助、HFV(HFPPV)の3つから選べます。
    さらにPEEPや手動換気、フローサポートなど、多彩な機能を装備しています。
  • 安全性最優先の最新設計&内部バッテリで停電時も安心!
    無呼吸発現に対応し、患者様の呼吸を安全に維持するApnea Back Up換気モードを装備。
    無呼吸状態をを検知すると自動的に換気モードが移行するため、無呼吸による事故が防げます。
    また、内部バッテリにより2時間以上作動しますので、万一の場合に安心です。
  • スマートECO機能でコストカットを実現!
    酸素+AIRMIX エコ機能は、酸素ガス消費量を大幅に低減できます。
    従来のガス駆動方式に比べ、安全性はそのままに、酸素消費量を70%以上低減しましたので、ランニングコストを削減できます。
  • 素早く起動!&設定・調節が簡単な操作性!
    クイックスタートが可能なデフォルト(初期値)設定やオートアラーム機能などの拡張機能を装備。
    さらに換気モード毎のパラメータをメモリしますので、モード変更の際、再調節の手間が省ける便利な機能です。

主な仕様

換気パラメータ
換気パターン 量規定(VCV≒従量式)、圧規定(PCV≒従圧式)
換気モード 調節/補助、SIMV/自発
換気回数 調節/補助:2~240回/分、SIMV/自発:0〜60回/分
吸気時間 0.1~3.0秒(0.1秒ステップ可変)
一回換気量 5~2500mL(5~50mLまで5mLステップ可変)
吸気流量 3~50L/分(PCV時:拡張機能により99L/分迄拡大)
吸気ポーズ(EIP) 吸気時間×5%固定(VCV換気回数:2~60回迄)
トリガ感度 OFF、-9~0~+20hPa
PEEP 0~20hPa 連続可変
AIR MIX(酸素混合) 酸素濃度:40%
手動換気 PCV:吸気時間/吸気圧で機械換気
VCV:吸気時間/一回換気量で機械換気
アラーム及び安全機構
気道内圧下限アラーム SIMV/自発:1~40hPa、調節/補助:5~40hPa
気道内圧上限アラーム 5~70hPa(連続圧アラーム併用)
駆動ガス圧アラーム 供給ガス圧300~700kPa逸脱時
無呼吸アラーム デマンド吸気(自発呼吸)を感知しないとき
AC電源遮断アラーム AC100V電源の供給が遮断したとき
バッテリ低下アラーム 残量が1/2、1/3まで低下したとき
無呼吸バックアップ換気 デマンド吸気を感知しないときSIMV+強制換気を実施
内部バッテリ DC12V充電式蓄電池(バックアップ時間:2時間)
過圧安全弁 回路内圧50hPa以上は大気へリリーフ
駆動源/サイズ/質量
所要ガス源 医療用酸素または圧縮空気、定格0.4±0.05MPa
所要電源 AC100〜240V、50/60Hz、内部バッテリDC12V、外部DC電源
サイズ/質量 310mm(W)×225mm(D)×138mm(H) (突起部除く)/ 約5.0kg

動物用医療機器承認番号:22動薬第5062号

オプション

遠隔操作システム

CT装置などによる画像撮影時の息止め呼吸(肺膨張)に最適です。

回路切替バルブ

麻酔器と併用したときの呼吸回路切り替えに便利なアイテムです。

プレミアムセット

人工呼吸器、麻酔蒸気化器付き推奨モデル

  • バイタルサインモニタ用シェルフやアクセサリ収納カゴを標準装備しています。
  • 移動に便利なハンドルと呼吸チューブ収納ボックスが付いています。
  • 背面には10Lボンベ2本が搭載できます。
  • サイズ:452(W)×514(D)×1370(H)mm、約32kg


動物用医療機器承認番号:22動薬第5063号(動物麻酔システムKM-3100)
動物用医療機器承認番号:22動薬第930号-2(Sigma Deltaセボフルラン気化器)
動物用医療機器承認番号:22動薬第929号-2(Sigma Deltaイソフルラン気化器)

関連記事

  1. 動物麻酔システム KM-3100