【記事紹介】外科手術を人間が行うのは2053年が最後?

どのような仕事が、いつごろ人工知能やロボットによって代替されるのかについて紹介した記事がありましたのでご紹介します。

その記事によりますと、なんと外科手術は2053年には人工知能とロボットによって行われると予想されています。

6つの仕事がいつ置き換わるかを図示

情報元の記事では、下記の仕事がいつごろ人工知能によって代替されるかを予想した研究の内容が紹介しています

  1. 洗濯物をたたむ(2020年ごろ)
  2. 複雑なレゴを組み立てる(2025年ごろ)
  3. トップ40に入るポップソングを作曲する(2027年ごろ)
  4. 小売店舗の販売店になる(2036年ごろ)
  5. ニューヨーク・タイムズの人気記事を執筆する(2048年ごろ)
  6. 手術をする(2053年ごろ)

「洗濯物をたたむ」については、既に全自動洗濯物たたみ機が限定予約販売をしていますので、前倒しで実現されていると言えます。

手術は2053年ごろにロボットが行う時代が来ると予想されています。
2050年頃には、世の中の「仕事」という概念が現在とは全く違うモノになっているかもしれませんね。

詳しい情報についてはBUSINESS INSIDER JAPANの記事をご確認ください。