【記事紹介】10秒でがんを判別するペン型装置を開発。米テキサス大学の研究グループ

がんが疑われる組織に当てると、10秒でがんかどうかを判別するペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発したとの記事がありましたのでご紹介します。

ペンの先端部分を当てるだけ。精度は96.3%

ペン型装置の名前は「MasSpec Pen」。

判別の際にはがんと思われる組織に10秒程度、ペン先を当てます。
すると、コンピュータの画面に分析結果が表示されます。
具体的な仕組みについてはBusiness Journalの記事をご確認ください。

乳がんや肺がんなどの患者から提供された253検体を用いた精度検証の結果、全般的な精度は96.3%だったとのことです。

がんの取り残しがなくなるかもしれない

短時間でがんかどうかを判定できる「MasSpec Pen」は病理医が居なくても96.3%の精度で、手軽にがんを判別できるので手術時のがんの取り残しを回避しやすくなります。

少人数でがんの手術をすることもある獣医師にとっては非常に便利なツールになるのではないでしょうか。

研究グループでは来年からの臨床試験の開始を視野に入れています。
実用化の時期については「数年はかかる見込み」ということです。

より詳しい情報については Business Journalの記事をご確認ください。