【記事紹介】ダヴィンチ治療で胃がん手術の合併症を抑制

胃がんのロボット支援下手術(ダヴィンチ治療)で胃がん手術を行うと、腹腔鏡下手術と比べて合併症が半減するかもしれないとの記事が出ていたのでご紹介します。

情報元記事によるとロボット支援下手術は腹腔鏡下手術と比べると

  • 患部を10~15倍に拡大できる
  • 鉗子などの医療機器を360度回転させられる

ということから、より精密な手術が行えることから、合併症も抑制しやすいと考えられているとのことです。

実際のデータは示されていませんので、続報に期待したいところです。