【記事紹介】ペットの再生医療「科学的に有効」限定 学会が指針

ペットへの再生医療などについて治療を実施する際のガイドラインを日本獣医再生医療学会と日本獣医再生・細胞両方学会がまとめたとの報道がありました。

人間に再生医療を用いる場合は法律に基いて国に届け出るなどの規制があります。
それに対してペットでは該当する法律が存在しないため、再生医療を行うか行わないかの判断は獣医師の一存で決定できます。

また、規制が存在しないために科学的根拠が無いにも関わらず再生医療を実施して治らなかった等のトラブルも発生しています。
今回のガイドラインで規制することによって、こういったトラブルの抑制効果が期待されています。

ガイドラインでは、ペットに対して再生医療または細胞医療を実施する際は、身体の機能を損なったり、生命を脅かしたりする重い病気にかかった場合に限定しています。
また、実施する際には第三者機関に届け出る事を定めています。

この他、獣医師に対して「科学的に効果があるとされている治療でも、確立したものではないことを飼い主に説明すること」も求めています。

今回のガイドラインはインターネット上では公開されていないようですので、ご興味のある先生は日本獣医再生医療学会へお問合せをされてみてはいかがでしょうか?

情報元

ペット再生治療 「科学的に有効」限定 学会が指針-毎日新聞