イヌ用の人工血液の合成と構造解析に成功。中央大学とJAXA

2016年11月の発表のため、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

2016年11月11日、中央大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)はイヌ用の人工血液の合成と構造解析に成功したと発表しました。
血液製剤の実用化に向けた展開を共立製薬株式会社と強力して進めているとのことです。

現在、動物用の血液備蓄システムが存在しないため、動物病院によっては先生が飼われている動物から血液を採取して輸血をされている動物病院もあるかと思います。

今回の研究成果から血液製剤が安定的に供給されるようになれば多くの動物病院で血液に関する様々な問題が解決されると思われます。

この研究成果は2016年11月10日に科学誌ネイチャー(Nature)の姉妹紙である「サイエンティフィック リポーツ(Scientific Reports)にて発表されています。

Artificial Blood for Dogs-Scientific Reports

詳細な情報につきましては、JAXAの発表と上記の論文をご確認ください。

情報元

イヌ用人工血液の合成と構造解析に成功 =輸血液不足の解消に期待、世界で需要=-宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター-JAXA