【記事紹介】3D映像で眼科手術

愛知医科大病院が眼科の手術に使う日本アルコン社の「HUSシステム」を国内で初めて導入したとの報道がありました。

HUSシステムは顕微鏡を覗きながら行う従来の手術とは違って、3Dモニターに映し出される立体映像を見ながら手術をします。
映像は顕微鏡に装着されたデジタルカメラから送られてきます。
HUSシステムでは映像の色彩や色調、光の加減を調整して、見たいところを見やすく編集することで、眼球内の証明を従来の1/5から1/10まで落とすことができるため、目に与える負担が軽減されるのも特徴です。

目の病気全般に対応できるとのことで、非常に汎用性は高いようです。

その他、詳しくは下記の記事をご覧ください。

3D映像で眼科手術 愛知医科大病院が国内初の機器導入-中日新聞(掲載終了)