【記事紹介】女性ハンターの「狩りガール」が急増中

日本経済新聞の記事によると関西では最近「狩りガール」が急増しているそうです。

記事によると近畿2府4県では女性の狩猟免許取得者が2014年度には413人となっており、2004年度と比べると2.6倍となっています。

記事で紹介されているのは30代と20代の女性4人。
狩猟をする理由は人それぞれですが、ジビエ料理の普及が大きな要因のようです。

鳥獣被害が増えているにも関わらず担い手が足りないハンターですが、今後は女性の比率が上がって「ハンター=男性」という常識が変わってくるかもしれません。

詳しい情報は日本経済新聞『「狩りガール」急増のワケは?(とことんサーチ)』をご覧ください。