【記事紹介】中国でペット市場が急成長。2020年には3兆円産業に

中国で今「ペット経済」が黄金時代を迎えている という記事がありましたので、ご紹介いたします。

都市化、所得の増加、高齢化の進行が成長を後押し

中国国内では都市化レベルの向上、所得の増加、高齢化といった様々な問題がペット産業の成長を後押ししているとのことです。

中国のペット産業の規模は2015年時点で約1兆6千円で、2020年には約3兆3千億円になると予測されています。
2010年から2020年の複合年平均増加率は32.8%との予想で、驚異的な増加率です。

日本のペット産業が2015年度で1兆4,689億円という話(矢野経済研究所)なので、既に日本よりも中国のほうが規模が大きくなっています。

世界規模で見ても過去5年間の複合年平均増加率は5.06%ということで世界的に見るとペット市場はまだまだ成長の余地があるようです。

その他詳しい情報はこちらの記事(Record China)をご確認ください。