【情報紹介】東北大学、イヌのがん治療に有効なチェックポイント阻害薬を開発

東北大学、北海道大学等で構成する研究グループがイヌの腫瘍治療に応用できる免疫チェックポイント阻害薬「ラット-イヌキメラ抗PD-L1抗体」を開発したと発表したとの情報が出ています。

難治性の悪性腫瘍に罹ったイヌに対する臨床応用研究の結果では、悪性黒色腫と未分化肉腫に罹ったイヌの一部で明らかな腫瘍の退縮効果が確認されたとのことです。

詳しい情報については東北大学のプレスリリースをご覧ください。