ペット関連トラブルが急増中

日本経済新聞電子版にペットオーナーと動物病院との間でトラブルが増えているという記事が掲載されております。
今回は増え続けるペットのトラブルについてご紹介いたします。

情報元の記事では昨年、大阪地裁で行われたペット訴訟の判例を紹介。
地裁判決では116万円の賠償、高裁判決では約28万円の賠償が動物病院に命じられており、現在は最高裁で争っているとのこと。

ペットオーナーが動物病院訴える事例は過去10年間で急増しており、訴訟には至らないものの国民生活センターへの相談件数も増えているようです。

今後、訴訟リスクを少しでも軽減するにはペットオーナーに対する徹底したインフォームド・コンセントの実施とペットオーナーへの寄り添いが必要となるのではないでしょうか。

記事の詳しい内容についてはコチラをクリックしてご確認ください。