獣医療のための外科手術情報

外科手術器械についての疑問を解決!

昨今、獣医療でも先生方のオペに対するストレスや不満を軽減するため様々な外科手術器械が導入されています。

このサイトをご覧の先生の中には、様々な外科手術の器械を導入し、使い方も熟知されてる方もいらっしゃると思います。しかし、その反面どういった外科手術器械を選択することがご自身にとって最善なのか分からない方、悩まれている方もいらっしゃることも事実だと思います。

そのお悩みを解決すべく、当サイトでは外科手術器械にはどのようなものがあるのか、何が出来るのか、どのように使えるのかを出来るだけ分かり易く掲載するよう努めております。

What's New

2017年12月7日 下記の情報コラムを追加いたしました。

動きがあるときだけ出力するカメラ

カメラで撮影している範囲に「動きが出た時だけ出力をする」というユニークなカメラがニュースイッチにて紹介されています。

2017年11月30日

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休業とさせていただきます。

2017年12月29日(金)〜2018年1月4日(木)

期間中にいただいたお問い合わせにつきましては2018年1月5日以降に順次ご対応させていただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

2017年11月16日 下記の情報コラムを追加いたしました。

【記事紹介】日本初の動物義肢装具士

11月上旬にAbemaTVにて放送された日本初の動物義肢装具士 島田旭緒さんの特集の要約記事がありましたのでご紹介いたします。

2017年10月26日 下記の情報コラムを追加いたしました。

【記事紹介】外科手術を人間が行うのは2053年が最後?

どのような仕事が、いつごろ人工知能やロボットによって代替されるのかについて紹介した記事がありましたのでご紹介します。 その記事によりますと、なんと外科手術は2053年には人工知能とロボットによって行われると予想されていま … 続きを読む 【記事紹介】外科手術を人間が行うのは2053年が最後?

2017年10月12日 下記の情報コラムを追加いたしました。

【情報紹介】動物愛護法の認知度は半数。飼い主の認知度は6割

アイペット損害保険株式会社が動物愛護に関するアンケート調査の結果を発表しました。 対象はペットの飼い主とペットを飼っていない方(非飼い主)。回答者は合計で564名。

お知らせの一覧はこちら